豊胸手術のコンデンスリッチ豊胸の特徴

現在さまざまな豊胸手術が行われていますが、コンデンスリッチ豊胸は従来の脂肪注入による豊胸手術とは違い、リスクが解消される点で注目されています。
手術方法は、まず自身の脂肪を採取し、外気に触れない状態で遠心分離にかけます。これにより、しこりの原因につながる死活細胞、老化細胞、細胞破片などの不純物が取り除かれ、新鮮な脂肪が濃縮されます。これを濃縮脂肪細胞(コンデンスリッチファット)と言います。コンデンスリッチ豊胸では、濃縮した新鮮な濃縮脂肪細胞だけを注入することで、高い脂肪定着率や、しこりなどのリスクの軽減を実現しています。空気に触れず脂肪注入できるため、安全性も高く体への負担軽減にもなります。また脂肪採取から注入までの時間が短く、手術時間も従来の脂肪注入の半分以下で済みますし、良質で新鮮な脂肪だけを注入することで、術後のダウンタイムが大幅に削減されることも特徴です。
コンデンスリッチ豊胸では、脂肪を極限まで純化させるため、脂肪を採取する量が多くなります。そのため痩せ型の人にはあまり向きません。痩せ型の人は採取できる脂肪が少ないからです。これは痩せ型ではない人でも希望する胸の大きさによっては脂肪が足りないことになり、一度の手術では対応できないことも意味しています。逆に言えば、ふくよかな人は余分な脂肪を多く吸引することで、バストアップとともにバストラインを整えることもできます。豊胸手術を受ける際は、メリットだけでなくデメリットについてもきちんと説明してくれるクリニックを選ぶことが大事です。

 

豊胸手術は不自然でバレる?いえいえ自然な形でバレない豊胸手術がありますが、、、