豊胸手術のコンデンスリッチ豊胸の術後のケア

最近では、クリニックなどで豊胸手術を受ける人が増えてきたのですが、気をつけるべきポイントについても確認しておきましょう。
豊胸手術の一つであるコンデンスリッチ豊胸を受けた後は、適切な処置を行うことによって新しいボディラインを作り上げることができます。
術後に胸を圧迫してしまうと、血流が悪くなって脂肪の定着に影響してしまう場合があるので注意しましょう。
そのためワイヤー入りのブラジャーは、脂肪が完全に定着する3ヶ月後まで控える必要があるのですが、カップ付きのキャミソールやソフトタイプのブラジャーなら1週間後から着用することが可能です。
また、タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があり、血流を阻害する働きがあるので喫煙もできません。
豊胸手術のコンデンスリッチ豊胸では、自身の余分な脂肪を素材とするため、ボディラインを整える効果も期待することができます。
しかし、脂肪採取部位の仕上がりが新たな悩みになってしまう場合もあるため、脂肪を採取した部位への配慮もしっかり行うことが大切です。
特に仕上がりに影響する圧迫固定は重要なのですが、むくみを抑えて皮膚の収縮を助けることができます。
むくみは脂肪がなくなったスペースに麻酔液やリンパ液が停滞することによって怒ってしまうため、適切なケア方法によって物理的に腫れ上がらないようにすることがポイントであり、むくみを抑えることで肌を綺麗に引き締めることができるでしょう。

 

豊胸手術は不自然でバレる?いえいえ自然な形でバレない豊胸手術がありますが、、、