豊胸手術と乳がんの関係

胸にコンプレックスを抱いていたり、さらに美を求めたい人が望む豊胸手術は、美容外科にて受けることができます。
ホームケアではなかなか実現できない美容法として、世界中の女性が利用している手術ではありますが、しばしば安全性について議論されることがあるのも事実です。
胸にシリコンバッグを入れる豊胸手術、脂肪注入やヒアルロン酸注入など、施術方法にはいくつか存在します。
これら施術を受けた女性は法定検診や人間ドックにて乳がん検診を受ける時に、医師に対して豊胸手術を受けたことをきちんと伝えてください。
というのも、乳がん検診では胸を挟み込んで検査をする、マンモグラフィーと呼ばれる機器を使用するからです。マンモグラフィーで挟み込む時に胸に異物が挿入されていると、うまく挟み込めずに十分な検査ができない可能性があります。
もしも不安であるならば、豊胸手術を受けた美容外科の医師に、乳がん検査についてあらかじめ相談をされるとよいでしょう。検査を受ける際のアドバイスをしてくれたり、豊胸手術をした胸であっても検査が得意な医療機関を教えてくれる場合があります。
むしろこのようなアドバイスをしてくれる美容外科は、信頼がおけるともいえますので、手術をどこで受けるか決める時の要素のひとつとして、参考にすることができます。
また、豊胸手術と乳がんの因果関係については色々といわれていますが、現時点においては、まだはっきりと分かっていないという状況です。

 

豊胸手術は不自然でバレる?いえいえ自然な形でバレない豊胸手術がありますが、、、