豊胸手術で起こる可能性のある後遺症

豊かなバストラインは多くの女性の憧れです。
バストアップサプリやエクササイズもあまり効果がなかったとか、今すぐに胸を大きくしたいとお思いの方には豊胸手術という選択肢があります。
ですが、豊胸手術は個人差もありますが必ずリスクや後遺症の可能性があります。
手術を受けようか検討している方は、どのようなリスクがあるか理解した上で受けるかどうかを決めることが重要です。
実際にどのような失敗や後遺症が起きることがあるのでしょうか。

 

一番多いのは感触が固くなるというものです。
豊胸の素材の柔らかさは脂肪注入→バッグ→ヒアルロン酸の順になります。ヒアルロン酸は即効性がありますが医師の技術によっては仕上がりが大きく左右されます。
バッグを入れた後の「カプセル拘縮」も固さの大きな原因です。カプセル拘縮とは人間の体の防衛反応で、体に異物が入ってくるとそれを押し出そうとします。そうするとバスト全体が固くなってしまいます。

 

次に多いのはバストの形がいびつになるというものです。
先ほどあったカプセル拘縮も原因ですが、ヒアルロン酸注入によるしこり、脂肪注入による石灰化も原因になります。

 

その他にもバストの感触に異物感があったり、異物が入っているという心理的負担、傷が目立ったり入れたバッグが破損するなど様々な後遺症があります。

 

大きなバストは魅力的ですが豊胸手術を安易な気持ちで受けることは避けましょう。本当に必要かどうか、デメリットについてもよく調べてから検討しましょう。

 

豊胸手術は不自然でバレる?いえいえ自然な形でバレない豊胸手術がありますが、、、