豊胸手術の脂肪注入豊胸の特徴

脂肪注入をする豊胸手術に向いている人の特徴ですが、触った時の自然な感触を希望される方です。豊胸手術にはシリコンや生理食塩水などのバッグを入れる方法もありますが、それらの手術方法と比較すると脂肪注入は非常にナチュラルな触り心地となっています。また、自然に流れるのも魅力です。バッグを入れた場合、バッグが固定された状態になりますので、横になった時にも胸が横に流れません。その点、脂肪注入ですと自然な流れができ、バレ難いとされています。
脂肪が多い方にも向いている治療法です。豊胸手術の際には自身の脂肪を抽出する事になりますので、脂肪が多い方ほど沢山の脂肪を取る事ができます。さらには脂肪を抽出する事によってその部分のダイエットになります。バストサイズをアップしながら尚且つダイエットにもなりますので、一石二鳥の効果に期待ができます。
注射による豊胸手術のように持続性が無い治療は避けたいという方にも向いています。豊胸手術の方法としてヒアルロン酸を注入する方法もあるのですが、ヒアルロン酸を注入する治療の場合は一定期間の効果しか望めないと言われています。その為、状態を維持する為には定期的な注入が必要になります。
脂肪注入の場合も脂肪が身体に吸収されて元に戻ってしまう事があると言われていますが、近年では定着率をアップさせる為の様々な工夫がされています。簡単には吸収されないようになっていますので、ヒアルロン酸注入よりも長い間キープする事ができるのです。

 

豊胸手術は不自然でバレる?いえいえ自然な形でバレない豊胸手術がありますが、、、